カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

あぐーのこだわり

沖縄ブランド豚あぐー さっぱりした味わいなのに、コクとうまみが染み出てきます
カネマサミート社長 宇良
肉利きがいます

三代に渡り精肉業を営んできたカネマサミートは、沖縄では老舗に入る精肉屋です。
当社の社長の宇良は、高校生の時からカネマサミートで 豚1頭を担いで働き、祖父や父から肉に関するいろんな 知識を引き継いできましたので、若干46歳ながらこの道30年になります。
(でも「30年なんてまだまだ」だと思っています。)

肉の断面を見ただけでいい肉かどうか分かる社長の肉利きの目は、卸し先のお店にも大きな信頼を得ており、一緒に働く社員たちにも浸透しています。

卸し先の料理店などに肉の良さを伝えることもできるし、肉は個体による違いなどもあるので、出荷する際には肉を見て、適正な価格で卸すことができるのも、多くの肉利きがいるカネマサミートならでは。肉のことを熟知していないとできないことなのです。


あぐーが選ばれる3つの理由
”幻の豚”と呼ばれるほど希少価値の高い豚肉なのです。

本土では、「めったに流通していない」「価格が高い」などの理由で、なかなか食べる機会のない「あぐー」ですが、これだけ人気が高い豚肉をなぜ本土に出荷しないのでしょうか?それは、出荷しないのではなく、出荷できないからなのです。

「あぐー」は、古く中国から伝わった原種の「琉球在来豚アグー」のオスと、ランドレースなどのメスを交配して作られる豚肉です。基礎豚である「琉球在来豚アグー」の特徴として、産子数が少ないことや、飼育日数が多くかかることがあげられます。

基礎豚であるアグーは、DNAなどの検査を行い、本来のアグーの特色を強く持つものだけを残すため、さらに頭数が少なくなります。これは、沖縄県が主催するブランド豚推進協議会で「あぐー」をブランド豚としての格を落とさないために決められたもので、そのため、出荷できる数も年間で頭数が決められているからなのです。


旨味成分が普通の豚肉の約2.5倍、コレステロールは4分の1。

あぐーを食べたことがある人は、普通の豚肉との違いに必ず気がつくはずです。

「旨い!」「脂身が甘い!」「脂がさらっとしている」「胃にもたれない」・・・とにかく、旨いです。

あぐーの肉は普通の豚肉に比べて、うまみ成分であるアミノ産が2.5倍、そしてコレステロールは4分の1しかありません。

お肉の美味しさもさることながら、昨今の健康志向にもマッチした豚肉なんです。


沖縄県産豚あぐーの証明書で品質保証。

あぐーは、沖縄に昔からいる「在来豚」の黒豚のオスとランドレースのメスを交配して作られた豚です。

沖縄県が主催するブランド豚推進協議会であぐーに関する取り決めが行われていて、 本来のあぐーの特色を持つ豚を残すためのDNAなどの検査を行います。

このようなチェックを行った豚があぐーとして品質を保証され流通販売されます。だから、出荷頭数に限りがあります。

沖縄食卓市場の「あぐー」は、螢ネマサミートが取り扱うことができる下記の沖縄県産豚あぐー証明書により 品質を保証することができます。 だから、「安心・安全」な豚肉をお届けすることができます。


お客様の声

神戸市 k・kさん
しゃぶしゃぶでいただきました。旨みがぎゅっと詰まっていてとても美味しかった。

広島佐伯市 E・Aさん
お歳暮でいただきました。しゃぶしゃぶでいただきました。何枚でも食べられる美味しさ、くせになります。


物産店でも大人気!たくさんの「おいしかった!」の声をいただきました!

ページトップへ